01
Jan
2020

1/18 (sat) Kim Wooyoung @ Pony'sToy

Live Act
●金 佑龍(Vo.G)
●サポート オカザキエミ(ukulele, concertina, percussion, synthesizer from moqmoq/gnkosaiBAND)

Selectors:MCM Crew

OPEN/START 19:00/20:00 / CHARGE/2000YEN(+1Dオーダー)/ Drink/Food 500YEN Total info/PONY'STOY 0537352819

Live Performer

Kim Wooyong Profile
金 佑龍(キム ウリョン) K-POPぽくない洋楽然とした邦楽を目指す旅する酔いどれ吟遊詩人。 2002年cutman-boocheというBANDを大阪で結成し 2004年から2011年解散までに数々の作品をリリースし、多方面から評価され、 John Butler TrioやTeteといった海外アーティストのO.Aや FUJI ROCK FESTIVALをはじめとする数々の大型Fesにも出演しオーディエンスを沸かせる。 cutman-boocheを解散後、 2011年中旬からギター片手に日本中旅をする。 2013年6月19日に2年半の沈黙を経て ソロ名義で初のAlbum 「Live in Living」をリリース。 同年10/23にはSOULの伝道師45率いる45トリオ 【45 a.k.a. SWING-O(Key)、Sunapanng(Bass)、久保正彦(Dr)】との コラボアルバム「キム・ウリョンと45トリオ」をリリース。 更にこの度2014年6月11に FISHMANSの名曲『ナイトクルージング』を 12インチアナログレコード+CD封入の形式で FLAKE RECORDSの全面協力で全国リリース。 口コミを中心にじわじわ各地でリアクションの輪が出来てきている模様!!! ふわりふわりとヒリヒリの中に メランコリック、トラディショナル、オーガニック サーフミュージック経由の音遊び その隙間に入り込むループサンプリングに 人懐こいハスキーボイスは黒人音楽にも強く影響を受けた痕が見える。 何処かの誰かに似てるようで何処の誰にもないオリジナリティー。 時々3人?6人編成で 全国を絶賛好評行脚中! トムウェイツとチャーリーチャップリンと山田かまちに憧れ ラムとウイスキーと落語が大好物である。 一方、自身のsessionBAND型プロジェクトPAHUMA名義と BIGNOUN名義で河原真(ROCK’A’TRENCH)脇山広介(tobaccojuice)中嶋康孝(スピカ)と結成し活動を始める。

Kim Wooyoung WEB SITE

Live Performer Movie

金 佑龍 弾き語り ワンマンライブ ーじっけん・独ー at Pony'sToy

Live Performer

オカザキエミ Profile
オカザキエミ vocal, ukulele, english concertina 1981年10月生まれ。 うたとウクレレ、ときどきカリンバ。 ソロ活動"moqmoq"を軸に、ちいさくて電気のいらない楽器にこだわり、 ビニール袋などを駆使して、独自のうた世界を表現。 遮断機の恋や、ギターを弾けない哀愁を、ウクレレらしからぬ勢いの良さでうたいあげる。 近年はアイルランド音楽に興味があり、コンサーティーナを手にする。 もともとは、ひとりで「もくもくと」やるのがテーマだったけれど、 やっぱり音楽はバンドだぜ、と原点回帰。 2015年よりバンド編成でアルバム制作中。 トオイダイスケ(electric bass, vo) とのユニット"まばら"では しずかにうたうベースとのシンプルなやりとりを 案外(g) 宮下広輔(pedal steel-g) とのユニット"あしのなかゆび"では トラディショナルな音楽への尊敬を、わたしたちのからだをとおして それぞれのかたちで追究中。 ちいさな楽器をそばにおいて、うたうたいのサポートもひきうける。 2011年春、アイルランド各地のPubをめぐり、すばらしい演奏にであい うたごえ、セッション、空気をからだじゅうですいこむ。 おどりとともに演奏をしたい。

オカザキエミ WEB SITE

Live Performer Movie

オカザキエミ at Pony'sToy

02
Feb
2020

2/8 (sat) 蠣崎美来&松沢春伸 @ Pony'sToy

Live Act
●蠣崎美来(Vo.Gt)
●松沢春伸(Vo.Gt)

Selectors:MCM Crew

OPEN/START 19:00/20:00 / CHARGE/2000YEN(+1Dオーダー)/ Drink/Food 500YEN Total info/PONY'STOY 0537352819

Live Performer

蠣崎未来 Profile
カキザキミク 1989年生まれ 岐阜出身 高校時代まで音楽と無縁の生活を送っていたが、 神戸の大学在学中に、フォークやソウルなど様々な ジャンルの音楽に触れ感銘を受けフォークソング部に入部、卒業後、2012年よりアコースティックギターによる弾き語りでの演奏活動を開始。 当初はカバーのみであったが徐々にオリジナル曲を 増やし、現在は全国的なライブ活動を展開中。 そのライブパフォーマンスが徐々に話題となり、 2016年7月22日に「FUJI ROCK FESTIVAL'16」、 8月6日に「オハラ☆ブレイク '16夏」への出演をする。 同年9月に最初の公式音源 「蠣崎未来 LIVE 2016」をリリースし、 2年を経た2018年5月9日に初のスタジオ録音に よるフルアルバム 「路傍の唄」をリリース。

蠣崎美来 WEB SITE

Live Performer Movie

蠣崎未来 at PONY'STOY

Live Performer

松沢春伸 Profile
1960年代から1970年のアメリカのフォーク・ソウルシーンから出て来たのか!? と思わせる、日本人離れしたヴォーカル! 松沢春伸 (1983年2月4日) 山形県出身、山形市在住 学生時代に黒人音楽に触れ、アメリカンルーツミュージックを聴き漁り、2008年頃から弾き語りスタイルで仙台を中心に東北のBAR、CAFE、CLUB、野外フェスを中心に活動! アコースティックギター1本の弾き語りスタイルではあるが、爪弾きながら弾くギターと圧巻の歌声でソウルフルに歌い上げるステージは、聴衆は勿論、共演者までをも惹きつける。 2014年Vorz music より1stアルバム「MEMO」をリリース。

Live Performer Movie

松沢春伸 / 子を抱く女の歌

New Upload Movie

これまでのライブ映像&イベント映像が見れます
Flimed & Edited by J.P.K & Yop's

Live Infomation.

ライブにお越しの際は入場チャージとは別に1-Drinkまたは1-Foodのオーダーをお願いします。出演者はワンマン~5人編成。とても小さなお店なので、この空間でじっくり見れるライブが提供、出来たら良いと心掛けています。入場客数は~40名限定(座席20席)場合により満員時には立ち見(オールスタンディング)をお願いすることもありますので予めご了承下さい。定員入場数になりますと申し訳ないのですがご入場をお断りさせていただいています。ライブはすべて店内禁煙とさせていただきます。ライブに御来場を希望のお客様は、お手数ですが電話予約または、サイト内の「イベントを予約する」から(メールアドレス、お名前、連絡先、希望枚数)を記入して送信フォームより受け付けをして下さい。当日予約も大歓迎です(当日予約は電話での受け付けとなります)なお公演内容により上記の限りではないことをご了承下さい。